ニバルレキレが始まった理由

2003年から始まったニバルレキレの活動では、

自分自身を大切にすることの大切さや、HIV感染は決して人の存在価値を損なうものではないことを、

南アフリカや日本の皆さんに伝えてきました。

 

 

南アフリカでは、出会う多くの子どもや若者たちが、HIVエイズや貧困の影響を受けています。

自分の人生に夢や希望を抱けずにいる子ども達ともたくさん出会います。

彼らを守っていく立場にある大人たちは、高い失業率に苦しんでいます。

 

エイズ禍は、南アフリカの人々の平均寿命を一時は50歳以下にまでしてしまいました。

子どもたちの「生きるうえでの手本」となる世代の多くがエイズで命を落としていきました。

 

アパルトヘイト体制が終わり、民主化した南アフリカで待っていた、エイズ禍と、格差社会の中での貧困。

 

その中でも草の根の活動を作り、支え合い、力強く暮らしている多くの人に私たちは出会ってきました。

 

私たちは、それらの出会った多くの人に、南アフリカの歴史だけでなく、文化や暮らし、

その中で大切にしている価値観などを教えてもらいました。

彼らとのつながりを大切にしながら、南アフリカで活動を続けています。

 

 

唯一無二の存在である自分の命を大切にすること。

幼い子どもたちが子どもらしく生きる権利を守ること。

思春期以降の子どもたちが、自分と向き合う月日に寄り添うこと。

 

自分と向き合う作業はときに過酷です。

 

ありのままの自分を受け入れ、認め、前に進もうと決めたときに、

初めて人は、他の人を大切にできます。

 

そのような自己肯定感情を育んでいくこと。

生きるためのさまざまなライフスキルを身ににつけること。

 

必要な支援につながり、孤立しないこと。

エンパワメントされていくこと。

 

そしてエイズで多くの人を失い、貧困に苦しんでいる地域が、

誰もに優しいコミュニティになっていくこと。

 

日本では被災された方や、社会的弱者になりがちな単身障がい者や母子が、

心身の健康を守り、生活上の問題の解決を図りながら、

一緒に首都圏で孤立せずに生きていくこと。

 

 

そのために、私たちはソーシャルワーカーという専門性を活かしながら尽力していきます。

 

 

 

  

問題となっていること

南アフリカ共和国のHIV/エイズの課題

エイズ孤児の問題

格差社会の中の貧困

被災者や震災弱者の抱えるさまざまな悩み

ニバルレキレのとりくみ

HIV陽性者自身による支え合いの場づくり

スラムでのコミュニティづくりの中で、エイズ孤児を支える

遺族支援から見えてくる課題を、コミュニティの活動につなげる

避難者=生活者であることの認識

当たり前のことを、当たり前に

団体情報

団体名 ニバルレキレ ~I am special! ~
住所

〒156-0052

東京都世田谷区経堂 5-2-3-103           

03-6413-9432
相談電話 0120-078-311 (12:00~20:00まで)
E-mail info@ngibalulekile.org

スタッフ紹介

代表   

小山えり子  

  • 社会福祉士精神保健福祉士HIVエイズ・ケアカウンセラー(南アフリカ資格)。
  • 都立精神保健福祉センターや都立病院の勤務を10年勤務後に渡航。
  • エイズホスピス:セントフランシスケアセンターのソーシャルワーカーをしながら、ニバルレキレの活動を2003年にスタート。
  • ニバルレキレの南アフリカの活動の責任者。
  • HP作成者。
  • HP内の写真の撮影者。(写真の一部はサポーターの高達潔さんが撮影)。

 

事務局長 

山田寛

  • 社会福祉士精神保健福祉士母子指導員児童指導員
  • 母子寮やその他様々な福祉施設でソーシャルワーカーをしながら、ニバルレキレの活動に従事。
  • スーパーバイザー(専門職としてのソーシャルワーカーの指導者)としても活躍中。
  • ニバルレキレの震災支援活動の責任者。
  • 日本での福祉制度活用のこと、子どもの心の成長の相談などお任せください!

事務局

尾崎菜美子

  • 広報・経理、その他ニバルレキレの雑多なことをすべて担当。
  • IT系企業にて細々とエンジニアを経験。
  • 雑誌やwebサイトにてライターを経験。

現地サポーター

高達潔

  • 南アフリカ共和国の旅行会社THABI AFRICAの代表者。
  • ニバルレキレの現地活動のコーディネーター・南ア活動の経理を行うサポーター。
  • 現地の様々な情報について誤りがないよう、活動へのアドバイザーを長年勤めています。

現地プロジェクトリーダー

ムズワキ・クマロ

  • ソーシャルワーカー
  • 長年エイズ孤児のためのドロップインセンター(デイケアセンター)に勤務。
  • セチャバセンターの2005年に立ち上げのときから、リーダーとしてプロジェクトを運営しています。

お問い合わせ・メッセージ

ご意見・ご質問・メッセージなどお気軽にお問い合わせください。

メールアドレスは手入力となっております。

入力の際に間違えてしまいますとお返事ができませんので入力ミスにお気をつけください。

数週間経っても返事がない場合は、お手数ですがもう一度このフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

ニバルレキレが大切にしていること。
ニバルレキレが大切にしていること。
3000円で1人のエイズ孤児を1ヵ月サポートすることができます。
3000円で1人のエイズ孤児を1ヵ月サポートすることができます。
HIV陽性者の生活を支援
HIV陽性者の生活を支援
貧困地区や施設のエイズ孤児を支援
貧困地区や施設のエイズ孤児を支援
遺族の心のケアと暮らしの支援
遺族の心のケアと暮らしの支援
エイズ孤児を守る、スラムでのコミュニティづくりの活動・セチャバセンター
エイズ孤児を守る、スラムでのコミュニティづくりの活動・セチャバセンター
さまざまな相談活動、交流会や自助グループによる居場所づくり「わかちあい@東京」を行っています。
さまざまな相談活動、交流会や自助グループによる居場所づくり「わかちあい@東京」を行っています。
近日のイベント情報を案内!
近日のイベント情報を案内!
震災後に抱えている不安やストレス、孤立感などぜひ電話でご相談ください。精神保健福祉士が対応します。
震災後に抱えている不安やストレス、孤立感などぜひ電話でご相談ください。精神保健福祉士が対応します。
震災で抱えているさまざまな悩みごとを匿名でメールにてご相談いただけます。精神保健福祉士が対応します。
震災で抱えているさまざまな悩みごとを匿名でメールにてご相談いただけます。精神保健福祉士が対応します。
活動報告やスタッフの想い
活動報告やスタッフの想い
展示会が全国巡回中!ぜひ皆さんも開催してみませんか?
展示会が全国巡回中!ぜひ皆さんも開催してみませんか?

SNS

ページのことをぜひお友達に紹介してください♪

Facebookページ

日々の活動報告やイベント情報を、南アフリカそして首都圏の広域避難者の支援の報告を中心に発信しています。Facebookページはどなたでも見ることができます。Facebookユーザーの方はぜひ「いいね!」で応援してくださいね。

 

Twitter

@NGIBALULEKILE